大阪市東住吉区照ヶ丘矢田3-4-8
TEL:06-6702-6708
FAX:06-6702-6710

 

トップページ»  コンタクトレンズ

コンタクトレンズ

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズは直接眼にのせて、屈折異常を矯正する医療器具です。
コンタクトレンズを使用している人の10%に何らかの眼の異常が出ています。
目の異常には、かゆみ・痛み・充血といったものから、自分では気付かない角膜内皮細胞の減少・角膜への血管侵入などもあります。
必ず、眼科医の定期検査を受けるようにして下さい。


 


 

コンタクトレンズを希望される方には、診察のうえコンタクトレンズに適応がある場合に限り処方させていただいています。ただし、提携コンタクトレンズ会社からの後日発送となりますので当日のお渡しはできかねます。
レンズの種類、度数設定については、診察結果や諸検査の結果をふまえ、ご相談のうえ、もっとも適切なものを選択できるようにさせていただきます。
お取り扱いのできないレンズもございますので、取り扱いレンズについてはお問い合わせください。



 

コンタクトレンズの種類

●ハードレンズ 角膜形状、眼瞼の形状、結膜の状態等が個々人で微妙に違いがあり、
既製品のレンズで合わない場合がありますので細かく修正のできるレンズ、オーダーメードレンズのみを扱っています。
 
●ソフトレンズ 角膜形状、ドライアイの状態、結膜疾患の有無でレンズを選択する必要があります。大きく分けて通常タイプと使い捨てタイプ(1日、2週間、3週間)の選択が必要となります。

  ハードコンタクト

メリット ・・・ 視力矯正力が高い。酸素透過性が高く、材質がソフトコンタクトよりも、汚れにくいので安全性が高い。また長持ちするので、長い目で見ればコストも低い。
デメリット ・・・ レンズが硬いため、慣れるまでは異物感がある。

  ソフトコンタクト(3週間)

メリット ・・・ やわらかく、慣れやすい。
デメリット ・・・ ハードコンタクトよりは、酸素透過性が低く、また汚れやすい。眼障害発生率も高い。

  2週間使いすてコンタクト

メリット ・・・ 2週間で交換するので、通常のソフトコンタクトよりは汚れが少なくてすむ。
デメリット ・・・ 通常のソフトコンタクトよりは眼疾患発生率は低いが、旧使いすてコンタクトやハードコンタクトに比べると眼障害発生率は高い。

  1日使いすてコンタクト

メリット ・・・ 毎日、新しいレンズを使用するので、汚れは最も少なく、安全性も高い。レンズケアも必要ない。
デメリット ・・・ コストが高い。